企業情報

Home企業情報会社概要

会社概要

社名 阪九フェリー株式会社
本部所在地 〒800-0113 北九州市門司区新門司北1-1
設立年月日 昭和41年4月28日
資本金 12億円
代表者 代表取締役社長 小笠原 朗
航路区間 新門司~神戸/新門司~泉大津
船舶数 4隻
従業員数 陸上・海上 223名(平成28年4月現在)
グループ会社 関光汽船(株) 新日本海フェリー(株) 関釜フェリー(株) 日本クルーズ客船(株) (株)ヴィーナストラベル

環境方針environment policy

基本理念

阪九フェリーは、環境問題が人類共通の重要課題との認識のもと、海洋・地球環境保全に努め、
環境負荷の低減を推進し社会に貢献できる事業活動に努めます。

環境方針

・環境関連の法規制を尊守し環境保全に努めます。
・海難事故は環境への重大な悪影響を及ぼす事を認識し船舶の安全運航の徹底に努めます。
・環境教育、社内広報を通じて社員の環境保全意識向上を図ります。
・事業活動に伴い発生する環境負荷を低減させるため省資源、省エネルギー、廃棄物の削減に努めます。
・環境保全に必要な目標を定め定期的に見直しを図り継続的改善に努めます。

平成18年11月1日制定 平成27年6月24日現在
阪九フェリー株式会社 代表取締役 小笠原 朗

グリーン経営認証とは

「グリーン経営認証」は、国土交通省などの協力および日本財団の助成金を受けて創設された「交通エコロジー・モビリティ財団」が推進している環境保全規格です。

「廃棄物の適正処理及びリサイクルの推進」などのグリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組みを行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。

阪九フェリー株式会社は2007年5月30日にこの認定を受けました。これからも使用燃料削減などを通して環境にやさしい経営の促進に取り組んでまいります。

登録内容
グリーン経営認証
登録業種 旅客船事業
登録番号 P400001(5)
登録事業所 阪九フェリー株式会社
初回登録日 2007年5月30日
更新登録日 2017年5月30日
有効期限 2019年5月29日

グリーン経営認証登録証

  • 2015年九州運輸局環境保全及び
    交通バリアフリー等
    関係表彰(環境部門)受賞
    新造船「いずみ」「ひびき」において、環境・省エネ性能に優れたデュアルハイブリット推進システムを国内フェリーで初めて導入することにより二酸化炭素等の排出制限に努め、環境保全に貢献したとして表彰されました。
  • 2016年九州運輸局環境保全及び
    交通バリアフリー等
    関係表彰(交通バリアフリー部門)受賞
    一般旅客定期航路事業の経営において、高齢者や障がい者等の利用者の移動利便性の向上を図るために積極的にバリアフリー適合船の導入を推進したとして表彰されました。

安全に対する取り組みefforts on safety

阪九フェリーは、安全方針及び安全重点施策に基づき、お客様に安心してご利用頂ける海上輸送サービスを提供いたします。

平成30年度安全方針

  • 一.安全最優先を徹底します。
  • 二.環境保全に取り組みます。
  • 三.関係法令及び社内規定を尊守します。
  • 四.運輸安全マネジメント態勢の継続的改善を図ります。

阪九フェリー株式会社

平成30年度安全重点施策

  • 1. 安全管理規程に則り、次の事項について重点的に実行します。
    • (1)船舶事故0を目指します。
    • (2)車両甲板の誘導事故0を目指します。
    • (3)お客様の船内事故0を目指します。
    • (4)ターミナル内の人身事故0を目指します。
  • 2. ヒヤリ・ハット報告を活用し、事故・トラブル防止を目指します。
  •  

阪九フェリー株式会社

国民保護業務計画The people National protection work plan

国民保護法

武力攻撃事態対処法に基づく住民の避難・避難住民等の救援・攻撃による災害への対処等国主導で措置を実施。指定公共機関として有事の際は、率先して国民・国家の安全確保に協力します。

当社の国民保護業務計画についてはこちら