企業情報

Home企業情報沿革

沿革

年月日 内 容
昭和41年4月 会社設立 資本金2億円
昭和42年12月 資本金3億円に増資
昭和43年8月 「フェリー阪九」神戸魚崎港発就航
昭和43年11月 「第六阪九」就航 1日1便体制
昭和44年2月 資本金4億円に増資
昭和45年4月 資本金6億円に増資
昭和45年9月 「フェリーせと」就航 隔日2便体制
昭和45年11月 「フェリーはりま」就航 1日2便体制
昭和47年9月 「フェリーながと」就航 隔日3便体制
昭和47年11月 「フェリーあかし」就航 1日3便体制
昭和50年1月 阪九フェリーによる西日本フェリーの買収契約成立
昭和50年4月 旧西日本フェリー苅田~神戸(深江)航路営業開始
北九州~神戸間 1日4便体制
昭和50年7月 資本金12億円に増資
昭和51年1月 「第二十四阪九」 神戸(魚崎)~小倉間に就航 
昭和51年5月 「第三十二阪九」 神戸(魚崎)~小倉間に就航 
昭和53年1月 小倉~堺泉北(泉大津)航路開設
「第二十四阪九」「第三十二阪九」 1日1便体制
昭和53年9月 苅田~神戸(深江)航路を神戸(魚崎)航路に変更
昭和54年3月 小倉~神戸(魚崎)航路 1日3便体制
昭和55年2月 苅田~神戸航路 廃止
昭和58年10月 「ニューやまと」 小倉~堺泉北(泉大津)航路就航
昭和59年1月 「ニューみやこ」 小倉~堺泉北(泉大津)航路就航
昭和63年3月 「ニューはりま」 神戸航路就航
六甲アイランド新ターミナル完成本社移転
昭和63年6月 「ニューせと」 神戸航路就航
本店所在地を下関市より神戸市に移転
北九州営業所を北九州支社に改称
平成2年7月 堺泉北営業所を泉大津支店に改称
平成3年1月 北九州支社を新門司へ移転
「ニューながと」 新門司~神戸六甲アイランド間就航
平成3年2月 北九州支社を九州本部に改称し本社業務を行なう
神戸本社を神戸支店に改称
平成3年3月 「ニューあかし」 新門司~神戸六甲アイランド間就航
平成3年10月 新門司~六甲アイランド・新門司~泉大津各航路
1日2便体制
平成7年1月 兵庫県南部地震により六甲アイランドフェリー埠頭損壊のため神戸航路休止
神戸航路の2便を泉大津航路に配船し運航
泉大津航路 1日4便体制
平成7年8月 六甲アイランドフェリー埠頭仮復旧に伴い泉大津航路の1便を
神戸航路に配船し運航
泉大津航路 1日3便体制
平成7年12月 「フェリーせっつ」 新門司~六甲アイランド間就航
平成8年2月 新門司~泉大津航路1便減便し2便体制
平成8年3月 「フェリーすおう」 新門司~神戸六甲アイランド間就航
平成8年11月 新門司~六甲アイランド間2便・新門司~泉大津間1便の体制に変更
平成9年10月 新門司~泉大津間2便・新門司~六甲アイランド間1便の体制に変更
平成15年3月 「やまと」 新門司~泉大津間就航
平成15年6月 「つくし」 新門司~泉大津間就航
平成21年10月 新門司 - 泉大津間1便 新門司-神戸間1便の体制に変更
平成27年1月 「いずみ」新門司~泉大津間就航
平成27年4月 「ひびき」新門司~泉大津間就航

歴代就航船History of ships

  • フェリー阪九 フェリー阪九
  • 第六阪九 第六阪九
  • フェリーせと フェリーせと
  • フェリーはりま フェリーはりま
  • フェリーながと フェリーながと
  • フェリーあかし フェリーあかし
  • 第十六阪九 第十六阪九
  • 第十七阪九 第十七阪九
  • 第十七阪九 第二十四阪九
  • 第三十二阪九 第三十二阪九
  • ニューやまと ニューやまと
  • ニューみやこ ニューみやこ
  • ニューはりま ニューはりま
  • ニューはりま ニューせと
  • ニューながと ニューながと
  • ニューあかし ニューあかし
  • フェリーせっつ フェリーせっつ
  • フェリーすおう フェリーすおう
  • やまと やまと
  • つくし つくし
  • いずみ いずみ
  • ひびき ひびき